コンテンツ

新着情報

【エステで美肌】毛穴に詰まった角栓に関する注意点 フェイシャル専門エステピュア奈良

2018年11月 6日 12:27

小鼻にできる黒いぽつぽつ。

頬に触れたときの、ザラザラした感触。

 

オイリー肌・混合肌の天敵、毛穴の角栓です。

 

pixta_20701769_L670.jpg

 

 

「一番目立つところにどうしてできるの!」

 

と、日々ストレスに感じている女性も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

 

「気になる角栓、どうにかして取り除きたい!」

そう思いますよね。

とはいえ、無理に角栓を取り除こうとすると、お肌を傷つけてしまうかもしれません。

そこで今回は、角栓を除去するときの注意点についてご紹介します。

 

 

□押し出し・引き抜きはNG!

 

「ついつい皮膚をぎゅっと押さえつけて角栓を押し出したり、毛抜きや専用のパックを使って角栓を引き抜いてしまう…」

という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

「やっちゃダメだって分かってはいるけれど、気になってしまう」

 

その気持ち、よく分かります。

 

しかし、角栓を自分で押し出したり、引き抜くことは絶対にやめましょう!間違った方法で角栓をいじると、良いことは何もありません。

 

 

確かに、角栓を押し出したり引き抜くと、毛穴の角栓は一時的に取り除かれるかもしれません。

 

「気になる毛穴汚れが消えた!」

 

と、晴れやかな気持ちになるでしょう。

しかし、それはあくまでも、一時的に取り除かれたにすぎません。

 

pixta_27635622_L670.jpg

 

みなさんは、角栓を押し出したり引き抜いたりすることが、肌トラブルを促進させる要因になるということをご存じですか。

正しい方法で角栓を取り除かなければ、毛穴がもっと大きくなって毛穴の汚れがより目立ちやすくなってしまいます。

 

 

例えば、毛穴に詰まっている角栓を、ピンセットなどで引き抜いたとします。

こうして引き抜かれた毛穴の周りの肌はダメージを受けますよね。

 

すると、肌はダメージを受けると乾燥してしまいます。

こうして肌が乾燥すると、毛穴は

「もっと油分を出さなくちゃ!」

と勘違いしてしまいます。

 

 

その結果、角栓を引き抜いてぽっかり空いた毛穴の中に新しく油分が溜まり、今度はもっと大きな角栓ができるのです。

 

 

また、毛穴に詰まった角栓はぽつぽつとしていて目立っているので、気になって頻繁に手で触ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、毛穴を触ることでも毛穴に刺激を与え、油分が余分に分泌されてしまいます。

その上、菌が毛穴の中に入るとニキビの原因にもなってしまいます。

 

 

□正しい角栓の除去方法とは

それでは、毛穴の中に詰まった角栓はどのように取り除けば良いのでしょうか。

ここでは、正しい角栓の除去方法をご紹介します。

 

 

*優しいクレンジング・洗顔

自分でできるケア方法としては、優しくクレンジング・洗顔することが一番です。

顔をゴシゴシと強く洗うと、肌表面のセラミドが失われて乾燥の原因となってしまいます。

クレンジングをするときは優しくなでるように。

洗顔をするときはたっぷりの泡で洗うように、心がけてくださいね。

 

 

*エステサロンでの角栓除去

自宅で角栓を取り除こうと思うと、どうしても押し出すか引き抜くかしかありませんよね。

 

しかし、先ほどご説明したようにその方法では肌を傷つけてしまいます。

「肌に埋もれた角栓は、優しく洗顔するだけでは消えてくれない!」

と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

 

そこでおすすめなのが、エステサロンピュアでの角栓除去です。

 

エステサロンピュアには毛穴の角栓を除去するために作られた専用のマシンが完備されており、肌を傷つけることなく毛穴に溜まった角栓を取り除くことができます。

 

 

例えば、ピュアでは、特殊な『毛穴水』という角栓に有効な化粧水をローションパックし無理なく毛穴を開かせた後に、超音波を利用して毛穴の奥の汚れを一気に掻き出すことができます。

 

 

この方法で角栓を取り除けば、汚れを除去した後に毛穴を引き締めることができ、新しい角栓ができる心配はありません。

肌を傷つけずに角栓を除去するのは、なかなかご自宅では真似できない技術ですよね。

 

定期的にエステサロンで角栓のケアをしてもらうことで、下地やファンデーション、コンシーラーに頼る必要のない、毛穴レスな理想の肌に近づくことでしょう。

 

 

□最後に

今回は、角栓を除去するときの注意点についてご紹介しました。

 

自分で角栓を押し出したり引き抜いたりすることは、間違った方法です。

いくら気になったとしても、ご自宅ではできるだけ毛穴を触るのは控えましょう。

 

自分でできるケア方法としては、毎日の洗顔・クレンジングを優しい力加減で行うことをご紹介しました。

これを徹底することで、肌への負担はぐっと軽くなり、毛穴の汚れが気にならなくなるはずです。

 

 

しかし、

「自分じゃどうしようもない!毛穴の角栓が気になって仕方がない!」

という方もいらっしゃるでしょう。

そんな方は、エステサロンへ行くことをおすすめします。

 

プロの技でしぶとい毛穴の角栓をきれいに除去してもらいましょう。

 

 最強毛穴レス_W640T3001.jpg

 

ニキビ跡解消_W640T3002.jpg

 

 

sya1111.JPG

 

 

引き締め小顔_W640T3001.jpg

 

しみ美白_W640T3001.jpg

 

2018.10しわたるみ_W640T3001.jpg

 

パーフェクト_W640T3001.jpg

  

 

生コラーゲン_W640T300-2.jpg

 

フェース化粧品生コラーゲン取り扱い フェイシャル専門エステピュア奈良

 

 

 

index_puremedical_cl_bnr670.png

keana-tetei1-s670.jpg

 

過去の記事